トップ > かつらの選び方 > かつらメーカーの選び方

かつらメーカーの選び方

かつらをオーダーメイドすると、通常、数十万円かかるという高額な商品です。
たとえば、かつらをオーダーメイドすると、製品が出来上がる前に契約するケースが多く、かつらが出来上がってから、気に入らないとか、イメージと異なる時には、すでに料金を支払ってしまい、後悔することも想定されます。
ですから、失敗しないためには、どのかつらメーカーに決めるのかは重要です。
テレビCMでよく見かけるから良いメーカー、名前が知れていないからダメなメーカーということは、一概には言えません。
やはり、ご自分に合っていて、満足できるかつらが一番良いということになります。

メーカーを選ぶ基準として、もし、オーダーメイドでかつらを注文した場合、出来上がってから、気に入らないかった時に、どういう対応をメーカーがしてくれるかを確認しておきましょう。かつらを注文する時には、人に知られたくない等の悩みを抱えていることもあり、料金を支払ったのに、文句も言えずに、泣き寝入りしてしまうケースもあります。

だからこそ、かつらの購入を決めた時に、気に入らない、思ったものと違うという時に、メーカー側の対処が重要なポイントになります。

初めてカツラを考えている方は、こちら↓
納得のいくまで相談できるスヴェンソン増毛ネットの資料請求
アートネイチャー増毛お試し体験


ネットで良く検索される人気「かつら」関連検索ワード[PR]
オーダーメイド かつら
激安 かつら
医療 かつら
女性 かつら
かつら 通販
かつら 値段
自毛 かつら

この記事のカテゴリーは「かつらの選び方」です。
関連記事

かつら(増毛法のメリット・デメリット)

かつらには増毛法といわれるタイプがあります。 基本的には、編み込み式、結毛式、貼り付け式の3タイプを指します。 これらの増毛法のかつらは、シャンプーや水泳も可能です。 見た目も、かつらという不自然感はありませんし、ズレたり、はずれたりする心配が無いことがメリットです。

かつらのベース(人工皮膚)

かつらのベースには、人工皮膚を使用したものがあります。 人工皮膚を使用したかつらは、ネット状素材のかつらに比べて、分け目が自然に見える点がよいところです。 かつらによっては、覗き込んでもまったく地肌と区別がつかないものもあります。 ただ、人工皮膚のかつらの欠点は、汗をかくと、人工皮膚部分がベタベタになりやすく、ネットタイプのかつらよりも不快感があります

かつらの無料相談、体験増毛での心構え

かつらメーカーでは、たいてい無料相談や体験増毛を行いカウンセリングをしています。 思い切って相談に来るお客は、メーカー側からすれば、どうしても契約までもっていきたいところ。 メーカー側も、強引に契約するということは、まずありませんが、それなりのノウハウで対応されると、相談に行く側は、髪の毛の悩みをもっているわけですから、そうした心の弱味から、つい契約をしてしまうということもあります。

かつら(広告の見方)

かつらに限らず、どんな広告でも、その商品の良いイメージだけを伝えるように出来ています。 ほとんどのかつら広告は、かつらを装着した時の若々しい雰囲気を演出していますよね。 しかし、広告を見ただけでは、実際、かつらを着けた時に起こるトラブルは予想できません。