トップ > かつらのメンテナンス > かつらのシャンプー

かつらのシャンプー

かつらは、お手入れのためにシャンプーをする必要があります。
たいていのかつらは市販されているシャンプー、リンスを使用しても問題はありません。
また、かつらをシャンプーする頻度は、汗をかきの体質や季節にも関係がありますが、だいたい週1〜2回といったところです。
かつらはお湯をはった桶で丁寧に洗いましょう。
かつらも、自分の髪の毛同様に、汗をかきやすい部分は、とくに汚れたりします。また、肌と密着するベース部分も汚れがつきやすいところです。こうした場所は意識して、よく洗いましょう。
かつらをシャンプー・リンスした後は、自然乾燥が一番です。かつらにはドライヤーをかけることが出来ますが、髪の毛の傷みが早くなります。

初めてカツラを考えている方は、こちら↓
納得のいくまで相談できるスヴェンソン増毛ネットの資料請求
アートネイチャー増毛お試し体験


ネットで良く検索される人気「かつら」関連検索ワード[PR]
オーダーメイド かつら
激安 かつら
医療 かつら
女性 かつら
かつら 通販
かつら 値段
自毛 かつら

この記事のカテゴリーは「かつらのメンテナンス」です。
関連記事

かつら(メンテナンス期間中の対処法)

もし、かつらの増毛をする場合には、その期間は、かつらをメーカーの工場などに送ることになります。 そこで問題になるのが、修理期間中のかつらの利用です。 スペアと呼ばれる同じタイプのかつらを持っていれば問題ありません。

かつらの修理(ベースの傷み)

かつらで傷みやすいベースの部分には、様々な原因があります。 たとえば、長年使用しているかつらは、汗や脂、接着面の接着方法、ブラシやシャンプーによって傷みます。 かつらのベース部分の傷みは、セット時のドライヤーによる熱や摩擦によっても起こります。

かつらの修理箇所

かつらも、使用日数が経つと、修理が必要になります。 定期的に修理、補修が必要な箇所は、毛染め(人毛)、パーマ(人毛)、自毛とのバランスのためのカット等があります。 そのほか、かつらの使用年数によって、ベースのコーティング、人工皮膚交換、コーティングがひび割れ、年齢にあわせた白髪の増量などが上げられます。

かつらのシャンプー

かつらは、お手入れのためにシャンプーをする必要があります。 たいていのかつらは市販されているシャンプー、リンスを使用しても問題はありません。